【大人が】赤ちゃん用フォローアップミルク【飲んでみた】おいしい?粉ミルクと同じ味?雪印ビーンスターク「すこやかM1」「つよいこ」

ミルク、フォローアップミルク、名前も用途も似ていて、あれ気になりませんか?

フォローアップミルクと粉ミルクは、味 同じ?

そこで今回は、フォローアップミルクと粉ミルクを実際に飲み比べてみました!

この記事は以下のような人におすすめ!

フォローアップミルクの味が気になる!

・フォローアップミルクと粉ミルクの味の違いが知りたい!

実際にミルク両方飲みました…

粉ミルクもフォローアップミルクも味は同じなのか?!
それとも全然違うのか?!

早速検証していきたいと思います!

目次

準備:ミルクを作ろう!×2

まずは、ミルクを作ります!
今回は、ビーンスターク「すこやかM1」「つよいこ」を使用します。
すこやかM1が粉ミルク、つよいこがフォローアップミルクです。

まずは、70℃のお湯を作りたい量の半分入れます。

と思ったら、フォローアップミルクは違うのですねΣ
フォローアップミルク は水でOK!

作り方例では50℃のお湯を完成量の7/10ほど入れています。
200ml作成時は140mlです。
なんとも中途半端な量。

今回は面倒なので、どちらも同じように70℃のお湯を入れます。

粉ミルクは粉を2杯、フォローアップミルクは粉を1杯いれます。

粉1匙から作れるミルクの量が異なります。

・粉ミルク      :20ml
・フォローアップミルク:40ml

2倍も違う!

フォローアップミルクは、大量のミルク作りが楽ー!

10回も粉ミルクすくって作るの面倒だったの…

9ヶ月頃には粉ミルク240mlも飲んでいて、作るの大変だったんですよ…。
1回・2回…12回!!
12回も粉ミルクをすくわないと240ml作れないんです。
12回もすくうと、途中で何杯目か忘れてしまうことがあります。
「あー!!何杯目?! 忘れた!え?どうしよう!」と何度なったことか…。

その点、フォローアップミルクは粉ミルクの半分の回数で粉すくいすみます!
12回やっていた身からすると6回という少なさに感激です!もう戻れないです♪

さてさて、ミルク作りに戻ります!
ここからは粉ミルクもフォローアップミルクも同じ手順です。

よーく混ぜます。
ここで混ぜが甘いと溶け残るので、念入りにかき混ぜております。

お湯をミルク瓶の40mlラインまで注ぎます 。
フォローアップミルクは水でもOK。

出来ました♪

ミルク瓶で飲むのは抵抗あるので、別皿に少し貰いますね!

検証:ミルクを飲み比べてみよう!

さて、ミルクの匂いはどうなのか…。

どちらも甘い牛乳の匂いです。

粉ミルクの方が牛乳の香りが強いです。
フォローアップミルクの方がすっきりした香りです。

はどうでしょうか。
違うかな?同じかな?ドキドキ…

あれ…?え…?
味同じなんですがΣ

どちらもミルキーのような甘い牛乳の味です!

よくわからないので、とりあえず何度も飲みます。
わからない…わからない…わかった!

フォローアップミルクの方がすっきりとしています。
粉ミルクの方がまろやかです。

どちらも 甘い牛乳
フォローアップミルクの方がすっきり♪

検証:子供にはミルクの違いわかるかな?

子供にもフォローアップミルクと粉ミルクを飲ませてみました。

結果…
どちらもいい飲みっぷり!
ごくごく飲みます!

子供も差を感じないようです。

フォローアップミルクも粉ミルクもおいしいよ~

結論:ミルクの味は×××

フォローアップミルクと粉ミルクの味

フォローアップミルクも粉ミルクも味ほぼ同じ甘い牛乳。

・粉ミルクの方が牛乳感強い。まろやか。

想像以上に味同じでした!驚きです!

どちらもおいしかったです♪

フォローアップミルクの魅力

楽」

・1匙40ml!粉ミルクの2倍!

・水で溶ける!

フォローアップミルクの方が作るの簡単でした!

今回は、フォローアップミルクと粉ミルクの”味”に焦点を当てて紹介しました。
基本的な違いは下記記事で紹介していますので、よかったら読んでみてください♪

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる