• TOP
  • キャンペーン
  • 小島よしおさん(OPP)とキズパワーパッド™(KPP)が夢のコラ...

小島よしおさん(OPP)とキズパワーパッド™(KPP)が夢のコラボ!? 「キズにはパワーがある」をキーワードにスペシャル動画を公開!

7STEP編集部 公開日:2020/09/10


絆創膏ブランド「バンドエイド® キズパワーパッド™」を展開するジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニーは、9月9日の「救急の日」に合わせて、正しいキズケアの方法およびバンドエイドブランドの治癒タイプの絆創膏製品「キズパワーパッド TM(KPP)」の特徴であるモイストヒーリング(湿潤療法)について紹介する動画を、お笑い芸人であり子ども向け動画のクリエイターとしても活躍中の小島よしおさんと共に制作し、9月9日9時9分に公開しました。

動画では、「キズにはパワーがある」をキーワードに、キズから出る体液(滲出液)のはたらきを最大限に活用することで、キズを早くきれいに治すモイストヒーリング(湿潤療法)の仕組みを、子供との遊びを交えながら分かりやすく紹介。

小島さんと一緒に撮影に臨んだ、子役の幡上ひなたちゃんが「けんけんぱ」の最中に、予定されていた場所で勢いよく転ぶ演技を見せると小島さんや周囲のスタッフからは「迫真の演技だったねぇ!アクション女優だ!」絶賛の声が挙がりました。
一方小島さんは、というと誰もが知っている持ちネタである、「そんなの関係ねぇ!」を披露しながらひなたちゃんを元気づけようとするも、拳を地面に打ち付けてしまい、同じくケガをしてしまいます。
転んだひなたちゃんはケガをしたところに息を吹きかけるのですが、「そんな時はキズパワーパッド!略して、はい!KPP」という形で、代名詞でもあるおっぱっぴー(OPP)に絡めて「キズパワーパッドTM (KPP)」を満を持して紹介しました。

ここから小島さんはひなたちゃんに対して、「バンドエイド®は100年前からあるアイテム」であることにはじまり、最大の特徴である「キズができると人の体は自ら治そうとするパワーがある」「そのパワーを生かすのがキズパワーパッド」「お医者さんでも使っている技術」であることを紹介。幼いひなたちゃんにもしっかりと「キズパワーパッドTM」の優れた点が伝わった撮影になりました。

「バンドエイド®キズパワーパッド™」は、2004年に初めて家庭向けの製品でモイストヒーリング(湿潤療法)を採用した製品として発売を開始して以来、キズを早く治し、キズあとも残りにくい、これまでに家庭向けではなかったキズケア製品として多くの支持を集めてきた製品です。それまで一般的だった「キズの保護」から、「治癒」を叶える治癒絆創膏を家庭向けに発売し、発売以降キズケアの未来を造り続けている「バンドエイド®キズパワーパッド™」をぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

小島よしおさん公式YouTubeチャンネル
■ピーヤの休日
https://www.youtube.com/channel/UCHtteq42lR9lOtFd9na7xyw


■おっぱっぴー小学校
https://www.youtube.com/channel/UC-46-Tim9-pbw6BfG6bBnmA


▼本動画公開URL:
https://www.youtube.com/watch?v=2flt6ZuZ5Kk&feature=youtu.be

\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

記事作成の依頼・募集