忘年会・新年会シーズンの必須アイテムを紹介! 探し物を音で見つけるスマートラッカー「Tile」

7STEP編集部 公開日:2019/12/18

令和初の忘年会・新年会シーズンを迎え、お酒を飲む機会が多くなるこの時期。巷では忘年会の誘いを無視する「#忘年会スルー」が流行しているが、ビジネスパーソンにとっては貴重な“飲みニケーション”(飲み会の席でのコミュニケーション)の機会だ。しかし、誰もが一度は経験したことがあろうお酒の場での失敗。ついつい飲みすぎて、悲惨なことに、、、。

 

そんな中、世界230の国と地域へ展開するスマートトラッカー(忘れ物防止タグ)「Tile」を取り扱うTile Inc.は、飲み会と失敗談に関するアンケート調査を関東圏に勤務するビジネスパーソンの男女400名に実施した。



●半数以上が飲み会で失敗した経験があると回答!

「飲み会での酒の飲みすぎが原因で失敗し、後悔したことは何ですか?」という質問に対し、45%の人が「失敗して後悔したことはない」と回答。

つまり、残りの55%もの人が、飲み会でのお酒の飲みすぎが原因で失敗し、後悔したことがあるということが判明した。


●80%以上もの人が、過去に失敗をしているにも関わらず、「対策を取らない」もしくは「自己制御」のみで完結していることが判明!

「大切なものをなくしてしまったこと」がある人の内、「大切なものを失くさないためにどのような対策を取っていますか?」という質問に対し、45.9%が「特に対策は取っていない」と回答し、35.4%が「お酒を飲まないもしくは適度に制御している」と回答したことがわかった。

つまり、81.3%もの人が、過去に失敗をしているにも関わらず、「対策を取らない」もしくは「自己制御」のみで完結していることが判明した。


●約70%もの人が、落とし物や忘れ物を防止できるアイテムがあれば使用してみたいと回答!

「対策を取らない」もしくは「自己制御」のみで完結している割合が多い一方、「大切なものを無くさないために、落とし物や忘れ物を防止できるアイテムがあれば使用してみたいと思いますか?」という質問に対し、69%もの人が「使用してみたいと思う」と回答。


●大切な人との関係性を失くしてしまった中には、友人やパートナーとの別れなどの回答も

飲み会での酒の飲みすぎが原因で失敗し、大切なものを失くしてしまった人の内、実際に失くしてしまったものの第一位は「財布」、次いで「携帯電話」となった。

また、「大切な人との関係性」という回答の中には、友人やパートナーとの別れといったものがラインナップ。これはさすがに「Tile」では防げなさそう、、、


●現金300,000円を失くしてしまった方も・・・

「実際に失くしてしまった大切なものの中で、最も高価なものは何ですか?また、その価格はいくらぐらいですか?」という質問の中には、バッグや通帳、携帯電話、カード類、コート、腕時計、車のカギといった高価なものが並び、その内最も高価なものは現金300,000円という結果に。気を付けたいものだ。

 

●平成に失くして(忘れて)きた最も大切なもの、2020に向け、失くしたく(忘れたく)ないものは・・・

令和を初の忘年会・新年会シーズンということで、平成に失くして(忘れて)きた最も大切なものについて質問すると、記憶、家族、若さ、夢、少年少女のような純粋な心、恋愛感情など、時間の経過に伴い失っていく感情や人間関係、健康などが多く挙がった。

 

また、2020年に向けて失くしたく(忘れたく)ないものについては、財布や鍵などはもちろん、プライド、ポジティブな生き方、パートナー、家族との時間、愛情と友情、子どものころの気持ち、プライベートを楽しむバイタリティといった形のないものを求める声が多く挙がった。

●調査概要

サンプル数 : 400名

調査対象者 : 関東近郊で勤務する20代~50代のビジネスパーソン(正社員)男女

調査方法 : インターネットリサーチ

調査時期 : 2019年12月4日~12月5日

調査内容 : 「飲み会における失敗に関する意識調査」について単一回答、複数回答にて調査し、分析

 

2019年10月には、「Tile」の新たなラインナップも発売され、より多くのシーンで利用可能になった。また、同年12月からは全国約20,000台の「JapanTaxiタブレット」にも導入され、「Tile」のBluetoothの電波を拾う「動くTileアクセスポイント」として稼働しており、飲み会の後に道端で落とし物をしても、タクシーが探してくれるという仕組みだ。これは嬉しい。

忘年会シーズン・新年会シーズン以外にも、普段から忘れ物が多い人は重宝しそうだ。

 

●Tile Inc.について (公式サイトURL:https://thetileapp.jp/

Tile Inc.はスマートロケーションを提供するリーディングカンパニーで、カリフォルニア州のサンマテオを拠点とし、ベッセマー・ベンチャーパートナーズ、GGV キャピタル、コースラ・ベンチャーズからの投資を受けています。「Tile」は、あらゆる物に対してスマートに見つかる力を与えます。「Tile」のクラウドベースの探し物プラットフォームは、230 の国や地域で大切な物を探す手伝いをしており、世界中に広がる「Tile」コミュニティーは 1 日に 400 万個の大切な物を見つけ、持ち主に知らせています。

販売場所:

Amazon.co.jp、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、NTTぷらら、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど

※一部お取り扱いのない店舗がございます (公式サイトURL:https://thetileapp.jp/)



\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

史上初、落としてもすぐに見つけられるPCが2020年に発売!スマートトラッカー「Tile」を内蔵

史上初、落としてもすぐに見つけられるPCが2020年に発売!スマートトラッカー「Tile」を内蔵

ショッピング

【サブスク開始】全米シェアNo.1スマートトラッカー「Tile」置き忘れ防止が可能に

【サブスク開始】全米シェアNo.1スマートトラッカー「Tile」置き忘れ防止が可能に

ライフスタイル

ライフスタイル人気ランキング

おすすめ

ライフスタイルに関する人気おすすめタグ

コンテンツ

カテゴリー一覧

記事作成の依頼・募集