• TOP
  • エンタメ
  • SHOWROOM株式会社『Entertainment Technology Conference 201...

SHOWROOM株式会社『Entertainment Technology Conference 2019』 開催!!

7STEP編集部 公開日:2019/12/17


ライブ動画配信プラットフォームを運営するSHOWROOM株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:前田裕二、以下「SHOWROOM」)は2019年12月17日、東京渋谷にある渋谷スクランブルホールにて『SHOWROOM Entertainment Technology Conference 2019』を開催しました。

同社はこのカンファレンスにて代表取締役社長の前田裕二氏、CTOの佐々木康伸氏、COOの唐澤俊輔氏が登壇し、それぞれ戦略や展望について語りました。

第二創業期について


まず初めに代表取締役社長の前田裕二氏が登場し、「第二創業期」というテーマについて語りました。

キーワードとして、ライブ配信プラットフォーマーから『エンタメテックカンパニー』へと進化するべく、特に動画と音声メディアの中でまだプレイヤーが確立できていない「スマートフォン×5G×プロ→メディア3.0」の領域にチャレンジすると発表しました。


まだ、それぞれ具体的な時期は未定とのことですが、新しい動画メディアに関しては開発の状況次第だが、早ければ来年の3月ごろにリリースできるのではないかとのことでした。

ライブ興行のビジネス機会について


続いて、CTOの佐々木康信氏が登場。ライブ興行のビジネス機会について、現状のライブ興行の課題をふまえつつ、AR /VRを活用し「ライブ3.0」という領域に挑戦することにより家でも学校でも場所にとらわれずライブが体験できるライブエンタメの市場を開拓していきたいと語りました。

またその具体的なサービスとして「SHOWSTAGE」というサービスを正式リリース予定であることを発表しました。

佐々木康信氏は実際にデモを用いながらサービスの概要の説明を行いました。

この「SHOWSTAGE」ですが、第1段として2020年1月26日にライブを実施予定で、出演アーティストやアプリの正式リリース日に関しては近日中に発表予定とのことです。

既存事業とのシナジー


再度、前田裕二氏が登壇し、今回のカンファレンスで最も強調したいこととして既存事業とのシナジーに関して語りました。

またそのシナジーに関して集約したものとして上記の図の説明が行われました。

今までのライブ配信機能であるSHOWROOMは0からファンを引き上げるのが得意なメディアであったが、SHOWROOMで配信を行なっているパフォーマーがさらに活躍できる新しい舞台を作り上げるためのものが今回の新しい3つのメディアでの挑戦だと語りました。

最後に、COOの唐澤俊輔氏より事業成長の道筋として今までの成長過程に関するテーマで登壇が行われました。


【SHOWROOMについて】

「機会格差を無くし、努力がフェアに報われる世界を創る」というミッションを掲げ、ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」を運営。様々なジャンルのパフォーマーによるライブ配信により、夢中で誰かを応援するという新しい視聴体験を創出。2019年10月現在で会員登録者数が328万人を突破。


\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

とっても簡単にライブ配信できる!「Live.me」で新しい楽しみをみつけよう♪

とっても簡単にライブ配信できる!「Live.me」で新しい楽しみをみつけよう♪

ライフスタイル

エンタメ人気ランキング

おすすめ

エンタメに関する人気おすすめタグ

コンテンツ

カテゴリー一覧

記事作成の依頼・募集