• TOP
  • キャンペーン
  • 本当にバイクのMV!? Hondaから今までのバイクの価値観を越え...

本当にバイクのMV!? Hondaから今までのバイクの価値観を越える 超オシャレなMVが登場!

7STEP編集部 公開日:2019/07/02 1,751

CBシリーズやスーパーカブでお馴染みの本田技研工業から、バイクをモチーフにしたプロモーション動画が6月20日(木)より公開されている。この動画はHondaが多くの若者にバイクを身近に気軽に楽しんでほしいという想いから始めた二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」の第1弾として、テーマソング「ANYWAY」に合わせたミュージックビデオ。

「バイク旅」をテーマに、バイクは移動手段ではなく、世界観が広がる、新しい体験ができる乗り物として演出している。


本当にバイクのMV!? オシャレで優しい雰囲気の斬新な内容!

HondaのCMは米津玄師やSuchmosを起用し、内容もメカニックで速くてワイルド!というイメージがあったが、今回のMVを聞いてみると・・かなりオシャレな雰囲気。親しみのある優しいメロディーと出演者の溢れるリア充感はバイクのプロモーション動画として見たら斬新な感覚。内容もエンジン!フォルム!スピード!といった感じではなく、出演者それぞれがバイクと共にどんな生活をしているかにフォーカスしていて、地元の友人を思いだすような、見ていて心地よささえ感じる。

それもそのはず、このミュージックビデオは高い作品性と繊細なメロディーで人気なTENDRE、YeYeによる書き下ろし楽曲。過去にバイクに乗っていたというTENDREも「ひとつの語りかけの様な距離感、そして感動体験のすばらしさを、いい温度感で表現できた。いざというときに寄り添ってくれるもの。 そういうものへの愛おしさを思い出せる様に。」と語ったように、その楽曲に込めた想いが伝わる一曲だ。

さらに出演しているバイカーたちは美人コスプレイヤーや、声優、サーファーなど、さまざま分野で活躍している総勢15人。実際に乗っている愛車や昔に乗っていたバイクと共にそれぞれのバイク旅を等身大で表現している。有名俳優がいないため、どこか懐かしく、友人のSNSを覗いているような気持ちになるのもこのためだろう。

新しい価値観が生まれているバイク市場。若者の新しいバイクの価値観や可能性に期待!

今回はじまった、HondaGOプロジェクト第二弾は、メディアとのパートナーシップやファッションブランドとのコラボレーション、また、バイク体験ができる機会の提供として、若者に人気のアウトドアイベント、屋外フェス等への出展を予定しているという。若者を中心に購入者数が増えてきているというバイク市場。新しいバイクの価値観や可能性に期待したい。





■「HondaGO」テーマソング『ANYWAY』ミュージックビデオ概要


https://youtu.be/RnzNfiP4xUU

楽曲:「ANYWAY」(作詞・作曲:TENDRE)

出演者:TENDRE、YeYe、岡部文彦(スタイリスト)、金尾玲生(プロサーファー)、YURIE(キャンパー)、三浦理志(モデル)、山本雅也(KitchHike代表)、山崎徳義(マッチョ29パフォーマー)、松本優(モデル)、吉田佳照(DEUS EX MACHINA HARAJUKUバリスタ)、美環(コスプレイヤー)、KAREN(CYBERJAPAN® ダンサー)、増田晃(SOLSO FARM ガーデナー)、西田望見(声優)、佐藤慎介(NO COFFEE ディレクター)、山本海人(BUY ME STAND ディレクター)、FACE(イラストレーター)

※敬称略、ミュージックビデオ登場順

「HondaGO」特設サイト:https://www.honda.co.jp/HondaGO/


公式Instagram:@honda_go


\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

物語を描きつづけられる本が登場?仕掛け人はあのHondaだった!

5,489

物語を描きつづけられる本が登場?仕掛け人はあのHondaだった!

エンタメ

週刊『YAMAHA YZR-M1バレンティーノ・ロッシ モデル』創刊記念。元MotoGP™ライダー青木氏がバイク・トーク!

4,042

週刊『YAMAHA YZR-M1バレンティーノ・ロッシ モデル』創刊記念。元MotoGP™ライダー青木氏がバイク・トーク!

キャンペーン

記事作成の依頼・募集