自動翻訳「ez:commu」が仙台エリアで外国人接客ツールとして採用

7STEP編集部 公開日:2018/10/29 1,003


最近話題の自動翻訳機という便利ガジェットをご存知でしょうか?TVCMで明石家さんまさんが出演している「ポケトーク」や、草彅剛さんが出演している「イリー」も話題になっていますね。「ez:commu」はフューチャーモデルが販売する自動翻訳機で、クラウドファンディングで1,000万円以上の支援を集めたことで話題になりました。


通訳不要。音声翻訳で異なる言語同士のコミュニケーションが可能に。




まるでドラえもんの秘密道具「ほんやくコンニャク」

「ez:commu」は、クラウド上の4つの翻訳エンジンにアクセスし、常に最新のボキャブラリーの中から翻訳を行う「オンライン翻訳機」で、異なる言語の人どうしが、通訳なしで意思疎通はかれる双方型翻訳機。まさに未来の道具が現実になりました。

32カ国の言語に対応し長文翻訳もOK

日本語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語...今日からは、これ1台で通訳なしで意思疎通がはかれます。現在、世界では数千の言語が使われているといいます。日本が承認している数でいうと世界には196の国があります。そこから考えると、国の数より言語の数が圧倒的に多いんですよね。でも、主要な32カ国の言語でほぼ100%に近い国の方々とコミュニケーションがとれるんだとか。


WiFi&4Gの使い分け

「ez:commu」はSIMフリーに対応しているため、4G回線を契約すればいつでもどこでも自由に使うことが可能。もちろん通信料を気にする人は、WiFi環境があれば利用できるので、SIMを契約しなくても、普段使っているスマートフォンのテザリングでも利用できちゃうんです。

自動翻訳機による観光支援への期待



海外からのお客さんへ接客ツールとして活躍

仙台・松島エリアの観光地域づくりを行うDMOを通じて「ez:commu」が、外国人観光客の接客ツールとして商業施設やショップなどに導入される。年々増加している訪日観光客に対して、大手ショッピングモールやグローバルな企業であれば多言語への対応も可能かもしれませんが、地元に根付いた旅館や料理屋、お土産屋さんなどでは、なかなか対応が難しいものですよね。こういったニュースは、国内だけでなく、是非日本への旅行を考えている海外の方にも教えてあげたいですね。


その他、ビジネスシーンや学習分野にも

「ez:commu」は、1つのチャネルで最大1,000人までグループ翻訳が可能。様々な出身国のメンバーで会議を行うときなんかにはとても便利ですね。また、編集部おすすめの使い方は、英語や中国語などの勉強に「ez:commu」を使うと、単語やフレーズを調べるのに辞書代わりにもなるし、発音のチェックも音声でしっかりできる。自宅でできる英会話の練習にぴったりです。

フューチャーモデル「ez:commu」

http://futuremodel.co.jp/

\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

日本の情報を世界に発信!〜「JAPAN INSIDER-ジャパン・インサイダーズ-」ローンチパーティー〜

799

日本の情報を世界に発信!〜「JAPAN INSIDER-ジャパン・インサイダーズ-」ローンチパーティー〜

エンタメ

ライフスタイル人気ランキング

おすすめ

ライフスタイルに関する人気おすすめタグ

コンテンツ

カテゴリー一覧

記事作成の依頼・募集