• TOP
  • エンタメ
  • 佐藤健主演映画『亜人』レビュー:新感覚の超絶アクションム...

佐藤健主演映画『亜人』レビュー:新感覚の超絶アクションムービー!!

7STEP映画部 公開日:2018/04/13 4,247


(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

2018年4月20日に木梨憲武×佐藤健ダブル主演作『いぬやしき』が公開予定となっております。

映画『GANTZ』に続き「原作 奥浩哉」×「監督 佐藤信介」がタッグを組んだ作品です。奥浩哉の世界観を木梨憲武と佐藤健がどのように演じるのか、非常に楽しみな作品です。


そこで、念のため昨年公開されたばかりの佐藤健主演『亜人』をレビューしたいと思います。

最初に言っておきます。。。

『亜人』、めっっっちゃくちゃ面白いです!

そもそも『亜人』ってどんな話?『亜人』って何?

亜人とは、”絶命と共に再生を始める能力を持つ新人類”。簡単に言うと、死なない人間、殺しても死なない人間。

そんな亜人が26年前にアフリカで発見され、現在までに世界で46体の亜人が確認されていました。

日本においても亜人管理委員会を設立し、謎の解明のために日々研究を重ねていました。

しかし、研究というのは世間を欺くためのフェイク。研究所では保護した亜人を使って、人の業を超えた人体実験を繰り返していました。

ごく普通の生活を送っていた永井圭(佐藤健)は交通事故からの生還により、国内3人目の亜人であることが発覚、そのまま研究所に保護され酷い人体実験を受けます。

そこで、過去に研究所で同じように酷い仕打ちを受け、自分にこのような仕打ちをした国家に対し復讐を目論む佐藤(綾野剛)と出会います。

亜人とは何なのかに苦悩しながらも、この佐藤の暴走を止めるために永井は立ち上がります。


佐藤健と綾野剛のアクションと肉体美がハンパない!!

漫画が原作のこの作品ですが、そもそも「殺しても死なないけど痛みは伴う」という設定が非常に秀逸です。

その設定故に、開始から”エグい”映像が多く、血や殺し合いの作品が苦手な方は少し大変かもしれません。

ですが、途中から「亜人VS人間」の壮絶な戦いに間違いなく惹きこまれていきます。

特に、中盤あたりで、佐藤(綾野剛)1人対SAT(警察の特殊急襲部隊)数十人との戦闘シーンがあるのですが、これはかなりシビれます。綾野剛の迫真の演技に鳥肌が立ちます。

本当に、すごいの一言に尽きます。

また、佐藤健も主人公の”クセのある独特のキャラクター”を繊細な演技で見事に表現し、かつ「るろうに剣心」の時と同様に激しいアクションをこなしており非常に素晴らしいです。

そして二人の筋肉隆々の肉体美も出てきます。気をつけないとよだれが出ます。


その手があったか!最後の最後まで飽きさせない展開に大満足

最終的に、この佐藤(綾野剛)をどう食い止めるのか。殺しても死なない人間をどう倒すのか。

皆さんならどうしますか?

終盤は大大どんでん返しの展開で、「その手があったか!」とついつい言いたくなるようなクライマックスに一瞬たりとも飽きのこない大満足の作品となってます。

ぜひ、新感覚のアクション映画を体験してください!

※動画配信サービス比較はこちら

hulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライム・ビデオ、iTunesムービーを徹底比較!ぶっちゃげどれがいいの?

このサービスを利用する

このサービスを利用する

\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

【GWは映画を見よう!】映画部オススメ『こどもの日に家族で見たいおすすめ映画5選』

2,391

【GWは映画を見よう!】映画部オススメ『こどもの日に家族で見たいおすすめ映画5選』

エンタメ

マンガ喫茶に入り浸っていたマンガ大好き人間が選ぶマンガアプリ8選

3,598

マンガ喫茶に入り浸っていたマンガ大好き人間が選ぶマンガアプリ8選

ライフスタイル

いよいよ続編が公開間近!!SF超大作【パシフィック・リム】をもう一度見てみた

4,369

いよいよ続編が公開間近!!SF超大作【パシフィック・リム】をもう一度見てみた

エンタメ

【連載企画】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』配信開始につきスター・ウォーズを語ります〜その3〜

2,716

【連載企画】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』配信開始につきスター・ウォーズを語ります〜その3〜

エンタメ

記事作成の依頼・募集