ギフト券が当たる7STEP総選挙

世界的にも有名なアメリカのヨセミテ国立公園のオゾン汚染が深刻⁉

7STEP編集部 David7STEP編集部 David 公開日:2018/07/23 594

参照:US national parks have just as much air pollution as major cities
国際サイエンスジャーナルとして有名なNature(ネイチャー)の7月18日の発表によるとアメリカが誇る大自然の象徴でもあるヨセミテ国立公園のオゾン汚染が大都市ロスアンゼルス並みであることが研究によってわかりました。

※オゾンとは大気中に存在する気体の名称です。

アメリカには現在約33個所の国立公園があり、ヨセミテ国立公園以外にもオゾンが基準値を超えるところが多く、研究者たちがその原因とオゾン汚染度の変化に注目しています。


参照(2017年4月~10月までアメリカ注要国立公園オゾン基準値超過回数データーをグラフで見やすく加工しました)
2017 Ozone Standard Exceedances in National Parks

オゾン汚染の原因とその悪影響とは?

コーネル大学の環境経済学者であるIvan Rudik氏によると、一般的にオゾン汚染は車からの排出ガスから形成されるケースと、石炭燃料を利用する火力発電所から出る物質と植物から排出される有機物の合成により発生するケースが多いようです。

ただ、ヨセミテ国立公園のような豊かな自然に囲まれた国立公園でのオゾン汚染の正確な原因に関してはまだはっきり判明していませんが、今後のさらなる研究によって解明されるようになるでしょう。

オゾン汚染によって一番気になるのはやはり健康への悪影響です。


研究者が原因究明をしていく段階で我々ができる事は健康面での注意喚起をしていくことです。Natureの記事に書いてあるオゾン汚染による健康面での悪影響は下記の通りです。

●鼻や喉を刺激する
●胸痛を引き起こす
●喘息などの病気をさらに悪化させる可能性がある

この記事のようにヨセミテ国立公園のオゾン汚染が大都市の汚染レベルと匹敵するとの話を聞くと日本の自然豊かな地域も他人事ではなさそうです。

我々も今まであまり意識をしてきていなかったオゾン汚染というものを、今後は注意してい観察していく必要があるかもしれません。
7STEP編集部 David

この記事を書いた人

7STEP編集部 David

\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

記事作成の依頼・募集