【GWは映画を見よう!】GW最終日におすすめの映画『ザ・マジックアワー』

7STEP映画部 公開日:2018/05/06 884


(C)2008 フジテレビ 東宝

とうとう、ゴールデンウィーク最終日となりました。

長い休みから一転、明日からお仕事や学校で気が重いという方が多いのではないでしょうか。

そんなモヤモヤを一気に吹き飛ばし、気持ちよく明日からの仕事や学校へとアテンドしてくれる映画「ザ・マジックアワー」をご紹介します。

豪華俳優が勢ぞろい「ザ・マジックアワー」のあらすじ

監督・脚本は三谷幸喜という事で佐藤浩市、妻夫木聡、西田敏行、深津絵里をはじめとする、日本映画界を代表する錚々たるキャストが集結しております!

港町のチンピラ備後(妻夫木聡)はボスの愛人(深津絵里)に手を出してしまいます。。。。

ただ、ボス(西田敏行)にバレてしまいますが、伝説のヒットマン「デラ冨樫」を探し出して連れてくることを条件に命を助けられます。

備後は、幻のヒットマンを探し出すより、作り出してしまえ!という事で三流役者の村田(佐藤浩市)に目をつけ、映画の撮影と称して、デラ冨樫に仕立て上げます。

ここからの各々のやりとりが絶妙です。特に佐藤浩市と西田敏行のやりとりのシーンの中で佐藤浩市がナイフを舐めるシーンがあるのですが、ここの掛け合いがかなり最高です。

基本的に、佐藤浩市はイケメンで渋い感じの役を演じることが多いかと思いますが、本作においては思いっきりキャラをぶっ壊してきており、佐藤浩市の役者魂を垣間見ることができます。


笑い転げて連休を締めくくろう!

先ほども書きましたが、この作品においては、佐藤浩市の三流役者の役が肝になっております。

普段は鳴かず飛ばずだが長く役者をやってきた技術とプライドそして役者というものを愛する事においては人一倍自信を持っていて、その自信ゆえに「デラ冨樫」のオファーに対して本気で取り組む姿勢が、周りとの温度差を際立たせ、お腹を抱えて笑える映画へと仕上げております。

また、絶妙な設定とシナリオ、さらには佐藤浩市をはじめとした錚々たる出演者のコミカルな演技が醸し出す映画の雰囲気は、さすが三谷ワールドと言わざるをえません。

ゴールデンウィーク最終日はこちらの映画で思いっきり笑って締めくくり、また明日からの英気を養いましょう!!

※動画配信サービス比較はこちら


hulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライム・ビデオ、iTunesムービーを徹底比較!ぶっちゃげどれがいいの?



このサービスを利用する


このサービスを利用する

\友達にもこの記事を教えてあげよう/
スマホで簡単お仕事 レビューランキング

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

映画好きから高評価!国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」

1,242

映画好きから高評価!国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」

ツール


【GWは映画を見よう!】映画部オススメ懐かし映画シリーズ『ニコラス・ケイジ三部作』

885

【GWは映画を見よう!】映画部オススメ懐かし映画シリーズ『ニコラス・ケイジ三部作』

エンタメ


マンガ喫茶に入り浸っていたマンガ大好き人間が選ぶマンガアプリ8選

1,353

マンガ喫茶に入り浸っていたマンガ大好き人間が選ぶマンガアプリ8選

ツール


【GWは映画を見よう!】映画部オススメ懐かし映画シリーズ『トロイ』

1,001

【GWは映画を見よう!】映画部オススメ懐かし映画シリーズ『トロイ』

エンタメ


記事作成の依頼・募集