• TOP
  • エンタメ
  • 【アベンジャーズ最新作公開記念】アベンジャーズとは何なの...

【アベンジャーズ最新作公開記念】アベンジャーズとは何なのか。。。自分ならどのヒーローになりたいか想像しながらMarvel作品を振り返る

7STEP映画部 公開日:2018/04/19 4,479


© 2018 Marvel

皆様お待ちかね、あのはちゃめちゃアクション超大作アベンジャーズシリーズの最新作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』がいよいよ2018年4月27日に公開となります。

上の画像からも分かる通り、今までのお馴染みのアイアンマン、マイティソー、キャプテン・アメリカなどに加え、今回はかなりの数のヒーローが現れる模様です。

アベンジャーズ作品としては初参加のスパイダーマンも登場するようで楽しみで仕方がありません。


しかし、このアベンジャーズシリーズ、単にアベンジャーズの1、2作目を見てから最新作を見ればいいという単純なお話ではございません。

そもそもアベンジャーズって何なのよ?Marvelって何なのよ?

そもそもアベンジャーズはMARVEL COMICというアメリカの漫画出版会社の生み出したヒーロー達が協力して強大な敵を倒すという作品です。

それぞれ単独でも映画化されており、一つ一つがスーパーヒーローとして成立しているのですが、そのヒーロー達を集めて戦わせちゃおうという、いかにもアメリカンで壮大なコンセプトなのです。

そして、その各ヒーローが活躍するそれぞれのMarvel映画作品にアベンジャーズにつながる伏線が散りばめられています。

ですので、それぞれの作品を網羅しておかないと、所々話が繋がらないという状態がおきます。

簡単にまとめてみました。


※()内の数字は日本での公開年です。

はっきり言って、全てを網羅するのは至難のワザです。。。

とにもかくにも、彼らが地球を守ってくれているのは間違いございません。

ですので、我々は細かいことは抜きにして、ど迫力のスーパーヒーロー達の壮絶な戦いを楽しみましょう。

アベンジャーズのヒーローになるなら誰?

自分がアベンジャーズのヒーローになれるとしたら・・・そんなことを想像しながら主な登場人物を紹介していきます。

アイアンマン


© 2018 Marvel

アベンジャーズ作品で一番最初に名前が出てくるのはやはりアイアンマンではないでしょうか。

トニー・スタークという大企業の社長でイケメンで天才です。そして自ら作り出したアイアンマンのスーツを着て飛び回ります。性格に少し難ありですが、今の所なりたい候補No.1です。

もしトニーになれたら戦いに行かず毎日豪遊して、甘いマスクを使って綺麗なお姉さんとイチャイチャします。。。

キャプテン・アメリカ


© 2018 Marvel

続きまして、これまたアベンジャーズの中心人物、キャプテン・アメリカです。

実はこの方、第二次世界大戦中の兵隊さんです。スーパーソルジャー計画なるもので超人となりました。そして世界大戦中の激戦の末、北極で生きたまま氷漬けとなり、70年後に蘇ります。

性格はいたって真面目。汚い言葉が嫌い。蘇ってからもS.H.I.E.L.D.という組織で真面目に働きます。

真面目ゆえに軽い性格のトニーとはちょくちょく衝突します。

彼の事は嫌いではないのですが、残念ながら今回はトニー派とさせていただきます。

マイティー・ソー

© 2018 Marvel

こちらも初回からアベンジャーズに参加しているマイティー・ソーです。

この方、もはや人間ではございません。神です。

神ですが、ほんの少しやんちゃな彼はおイタをして地球に落とされます。

しかしながらハンマーを駆使し雷を操り神の名にふさわしい強さです。

神はかなり惹かれますね。もしソーになれたら、「俺、神だけど」と言ってやりたい放題したいです。

インクレディブル・ハルク


© 2018 Marvel

天才的な科学者だったブルースが、これまた人体強化の実験の末、自らが怪物となってしまいます。

ブルースは天才ですが、気難しい性格でしかも緑の怪物です。戦闘時はものすごいパワーで、もしかしたらアベンジャーズの中で一番強いのではと思うほどの破壊力です。

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロ』の中でアイアンマンと戦うシーンがあるのですが、非常に面白いです。

なにぶん緑の怪物なので、なりたい候補ではないと思っていませんか?

残念ながらブルースはスカーレット・ヨハンソン演じるナターシャに密かに想われており、ヨハンソンファンとしては羨ましすぎるので、候補でございます。

最終的にアベンジャーズのどのヒーローになりたいか

他にもたくさんヒーローはおりますが、ひとまずメインの4名を紹介しました。

迷いに迷いましたが、最終的に『ハルク』になりたいと思います。

やはり圧倒的なパワーと破壊力、そしてヨハンソンの魅力にはかないませんでした。


という事で、Marvel作品を大まかにご紹介してきましたが、ストーリーも映像もやはりアメリカンで見応えは流石です。

そもそも1作目のアベンジャーズが公開される際のキャッチコピーが『日本よ、これが映画だ』でしたので、皆さん、これが映画なのです。アベンジャーズを見ずして映画は語れません。

是非、可能な限り、全作品に挑戦して見てください。

※動画配信サービス比較はこちら

hulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライム・ビデオ、iTunesムービーを徹底比較!ぶっちゃげどれがいいの?

このサービスを利用する


このサービスを利用する

このサービスを利用する

\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

いよいよ続編が公開間近!!SF超大作【パシフィック・リム】をもう一度見てみた

4,330

いよいよ続編が公開間近!!SF超大作【パシフィック・リム】をもう一度見てみた

エンタメ

【連載企画】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』配信開始につきスター・ウォーズを語ります

3,454

【連載企画】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』配信開始につきスター・ウォーズを語ります

エンタメ

【ラプラスの魔女 公開記念】広瀬すずの『海街diary』レビュー:心温まる家族の物語

3,684

【ラプラスの魔女 公開記念】広瀬すずの『海街diary』レビュー:心温まる家族の物語

エンタメ

hulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライム・ビデオ、iTunesムービーを徹底比較!ぶっちゃげどれがいいの?

8,467

hulu、U-NEXT、dTV、Amazonプライム・ビデオ、iTunesムービーを徹底比較!ぶっちゃげどれがいいの?

ライフスタイル

記事作成の依頼・募集