2018年版絶対行きたい桜の名所:国内外10個所一挙大公開

7STEP編集部 公開日:2018/03/15 3,346

ここ2〜3日、東京のみならず日本列島では春を飛び越して初夏のような温かい陽気が続いております。先日、近所の路地裏を散策していると、偶然にも見つけた満開の河津桜。見事に咲いておりました。

開花の時期が例年よりは早まったということで、桜の開花・満開予想アプリ【桜の気持ち】で確認してみたところ開花まで98%となっており、あともう少しで開花する事を確認。まさに今つぼみの状態から桜が休眠打破し開花準備の真最中というところでしょうか。


詳しくは下記のアプリを無料でダウンロードし、位置情報を共有すれば自動的に近所の桜花見スポットが地図上に表示されますので、是非お試しください。

  • アップルストアからアプリをダウンロードする
  • Googleストアからアプリをダウンロードする


2018年、絶対行きたい桜の名所:日本国内編

桜のシーズンになると、家族や友達、それから会社の同僚と花見イベントを開催する方も多いと思いますが、最近は近所での花見だけではなく日本の桜の名所への旅行を計画したり、桜前線に合わせて長期休暇を取る方も多くなっているそうです。

特に日本列島の場合は、縦長の地形であるため、3月下旬の九州地域から始まり、5月上旬の北海道に至るまで、実に2か月弱も桜が堪能できるということで、桜好きの方には最高な地形となっております。今春旅行を考えている方々や今年こそ桜を満喫したいと思っている皆様へ極上の桜景色おススメスポットをご案内いたします。

1.東京浅草、浅草寺





まず最初にご紹介するのは、言わずと知れた日本の超有名観光地「浅草浅草寺」の桜です。とにかく人が多いですが、このように伝統的な文化財と多くの人々とさりげなく道沿いに咲いている桜のコラボレーションを見るのもたまには良いのではないかと思います。近年浅草は美味しいお店やかわいい小物が豊富な雑貨店なども増えており、買い物や外食も楽しめる場所としても人気を集めています。


2.鎌倉

二つ目は、外国人からも注目されている観光スポットとしても有名な鎌倉です。東京都心や関東地域からのアクセスも良く、観光施設や案内も充実しているため一年中に人気を集めている場所ですが、その中でも私がおススメするのは鎌倉の大仏で有名な高徳院に咲いている桜です。

鎌倉と言えば大仏ですが、大仏様もお気に入りの桜が寺内にあり非常に心和む場所だと思いますのでぜひ足を運んでみてください。



また、もう一つ深春と伝統を一緒に楽しめる場所として特に気に入りなのが 鎌倉五山第一位「臨済宗建長寺派 大本山 建長寺」 です。入り口から山まで散歩道が続いており桜だけではなく様々なお花や自然を感じられる場所としても有名です。


3. 弘前城




次にご紹介するのが青森の弘前城です。個人的に冬の函館旅行の帰りに弘前城に立ち寄った事がございます。その際に現地の方がおっしゃったのが、雪の積もった弘前の風景も素敵だが、弘前城の一番の絶景はやはり春の桜が咲く時期だとおっしゃっていました。弘前城の桜といえば、お城とのコラボレーションは言うまでもないですが、お城を囲むお堀を桜の花びらが埋め尽くす桜の「花筏」も有名ですよね。死ぬまでに絶対行きたい桜スポットとしておすすめです。

4.新倉山浅間公園





日本の代名詞といえば、「富士山」ですよね。そんな富士山にもお花見とビューポイントで有名なスポットがあります。それが、新倉富士浅間神社 と 新倉山浅間公園から見る事ができる桜です。五重塔の隣を囲んで咲いている桜と遠く見える富士山を一緒に堪能できる絶景スポットとしても有名です。日本の花である桜と日本を代表する山である富士山を同時に見れる一番美しい場所だと思います。

5.京都清水寺




国内最後は京都の清水寺です。

日本が世界に誇る世界文化遺産である京都清水寺の桜はソメイヨシノと山桜の2種類で、約1500本あると言われております。特に幻想的な雰囲気で有名な清水寺の夜桜は世界一ともいえるほど美しい絶景だと思っております。京都の春の観光シーズンには観光客へ嬉しいイベントも多く、行く前に開花情報のチェックと共にイベントの確認もおススメします。


いつか行きたい海外桜の名所:海外編


1.韓国海軍基地鎮海で開かれる軍港祭





海外の1つ目は韓国から。

韓国の海軍基地がある鎮海(ジンヘと呼ばれる港町)で開かれる軍港祭が韓国の最も有名な桜祭りで、全国から観光客が訪れる大きなフェスティバルです。 鎮海市は毎年、市を上げてこの一大イベントを準備しています。一番のスポットは桜トンネルと呼ばれるジュンヲンロータリー周辺です。普段は見ることのできない海軍が開催するイベントなども見どころです。

実は韓国は日本ほどではないですが桜の木が多く、ソウルにも国会議事堂周辺には毎年100万人が訪れる桜並木のスポットがあります。

2.ドイツ





次はヨーロッパのドイツです。
ドイツ人として桜という花に対する感情は正確にはわからないですが、ドイツの中でもボーンの桜祭りは有名な春のイベントです。マゼンター色に近い鮮やかなピンクが、シックで美しい街並みと相まって、人々を魅了するのに十分な絶景を作り出しています。ドイツのボーンに行くなら絶対行ってみたいフェスタで、さくら並木の下でビールとソーセージは最高だと思います。

3.カナダ バンクーバー



写真:vcbf.ca スクリンショット一部

ヨーロッパから北米に移りまして、カナダのバンクーバー。

グリンシティーと呼ばれる公園で毎年行われる「バンクーバーさくらフェスティバル」も地元ではかなり有名なイベントです。コンサートなどのイベントや日本市場も開催され日本とカナダの文化交流の一環として様々な行事が開催されます。

4.アメリカ ワシントン




続きまして、アメリカのワシントンです。アメリカで桜のイメージはあまりないかもしれませんが、実は今から100年以上前の1912年に当時の東京市長から日米の友好を願いアメリカへ3020本の桜の木が送られています。

その時の桜が今やアメリカの首都ワシントンの春を象徴するような花となっております。ワシントンシティでの桜まつりは1935年から始まったようで今も続いている大きなイベントとして知られています。

5.フランスパリ




最後はフランスです。

フランスは私が知っている限り大きな桜のイベントはないのですが、フランスのパリーにある 「Champs de Mars」と呼ばれる公園で桜が咲くと本格的な春が始まると言われているようです。最近フィギュアや日本のアニメなどのファンが急増中のフランスですが、今後あるフランスの美しい街並みに映えるような桜が見られるようになる事を切に祈ります。

桜の木は日本に比べて少ないかもしれませんが今後期待を込めていきたい桜の海外スポットとしておすすめいたします。

さくらが少しでも気になる方必見:おすすめさくら情報アプリ【桜の気持ち】


実は7stepの編集部で花見しようという声があり、花見の計画を立てる事になりました。調べていて最終的にインストールしたアプリが 「桜の気持ち」です。

実際花見の件でやり取りしたチャットの内容の一部です。




実際「桜の気持ち」をすぐに起動し来週予定の花見場所である新宿御苑の 桜開花・満開情報を確認できたので、本当に本当に便利だなと思いました。桜の情報に関しては文句なしのアプリサービスだと思います。

  • アップルストアからアプリをダウンロードする
  • Googleストアからアプリをダウンロードする

\友達にもこのサイトを教えてあげよう/

7STEPをフォローして最新記事を購読する

この記事に関するタグ

関連記事

記事作成の依頼・募集